早割で買ったチケットはキャンセル料に要注意!

- 早割で買ったチケットはキャンセル料に要注意!

早割で買ったチケットはキャンセル料に要注意!

航空券は早割を使うとさらに安く手に入れることができます。格安航空券よりもお得になることも。けれども変更やキャンセルには高い手数料がかかることも。気をつけておかなければ思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれません。

早割航空券のキャンセル料の特徴

いくつかの航空会社では搭乗日の数ヶ月前から航空券を安く販売する「早割」というシステムを導入しています。お得に飛行機のチケットを手に入れたい場合は要チェックです。けれども早割を利用する際には気をつけなければならない点がいくつかあります。
早期購入割引価格で販売されている航空券や格安航空券はキャンセルや予約変更がきかない場合があります。できたとしても、手数料が高くつく恐れがあります。中には払い戻しができないものも。
スケジュールが突然変わっても対応できるようにチケット購入時にあらかじめ予約変更・取り消しにかかる手数料について調べておくようにしましょう。各航空券によって対応が変わってきます。

予定がはっきりと決まらない場合は

航空券の購入は、予定が決まり次第早めに手配するのが有利です。搭乗日よりも少しでも早く買っておいたほうが、お得になります。けれども予定がなかなかはっきりと決まらないケースもあることでしょう。
そういった場合は、予約変更が可能な航空チケットを買っておくようにしましょう。もちろん手数料も安いものを選ぶようにします。こちらも事前に航空券の特徴を調べておく必要があります。

キャンセルするならなるべく早めに

上記のように、航空券のキャンセルや変更には手数料が高くつくことがあります。スケジュールの変更などで思わぬ出費に驚かされることがないよう、それぞれの特徴をおさえておかなければなりません。
搭乗日を変更・キャンセルする必要が出てきたら早めに対処するようにしましょう。それだけでも手数料を安く済ませることができます。
例をあげると、出発日2週間前のキャンセル料は60%であるのに対し、2ヶ月前では10%しかかからないという航空会社もあります。
飛行機のチケットは予定が決まり次第早めに手配するのが、移動費を安く済ませるコツですが、予約変更やキャンセルも決まり次第すぐに動くようにしましょう。
各航空会社が販売しているチケットの説明を購入時にチェックするようにしましょう。特に予定がはっきりと決まらない・変更の可能性がある場合はキャンセル料について知らなければなりません。余分な出費に驚くことがないよう、注意が必要です。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright © 2017 格安航空券の上手な買い方とは?事前に予約してお得に使おう! All Rights Reserved.